中込小学校の歩み(沿革)

明治 6年 下中込村字石神の小林寺を仮校舎とし、成知学校と称し創立。

8年 新校舎(現在の太鼓楼)落成。仮校舎より移転。

9年 中込学校と改称。

大正 4年 新校舎建築工事はじまる。

8年 新校舎(現在の成知公園場所)落成、移転。

昭和22年 中込町立中込小学校と改称。

36年 佐久市立中込小学校と改称。

44年 太鼓楼が国の重要文化財の指定を受ける。

48年 開校100周年。太鼓楼解体復元工事完了。

52年 新校舎(現校舎)落成、移転。

54年 太鼓楼において、「開校記念の式典」開催。

55年 新プール完成。「学校完成式典」開催。

62年 「移転新築10周年記念式典」開催。

平成 8年 「移転新築20周年記念式典」開催。

13年 バリアフリートイレ設置。

17年 階段昇降機の設置。

18年 「開校130周年(移転新築30周年)記念式典」開催。

20年 校舎耐震工事完了。

21年 体育館耐震工事完了。太陽光発電装置設置。   

22年 校舎外壁補強工事。プール塗装改修工事。

  23年 昇降口下た箱改修工事、トイレ改修工事

      校庭フェンス改修工事

  24年 1,2年教室と図工室の床張り替え工事